ショートフィルム上映会&交流会

先日開催された映画の上映会&交流会をミニバージョンで再度おこないます。ショートフィルムを上映し、食事とともに語らいましょう。多くの方々のご参加をお待ちしております。

「Chi è Fuori è Fuori」-ソトに出るということ(仮訳)イタリアで精神科病院の閉鎖により退院した患者たちを追跡したドキュメンタリー

  • 日時 平成29年9月22日(金曜)18:30から
  • 場所 一陽堂オレンジカフェ(就労継続支援) ℡03(5879)5671
    江戸川区松島4-43-9(新小岩駅から徒歩5分)
  • 食事 EtaBeta 協同組合での実践によるお料理と、イタリアワインを提供予定です。
  • 会費 飲み物別で2,500円

参加申込・お問い合せ

お席に限りがありますので、事前の申し込みをお願いします。
お問い合わせは、NPO東京ソテリア(塚本)
℡ 03(5879)4970 ✉ info@soteria.jp
までお待ちしています。

緊急企画 イタリアで過ごす世界精神保健デー

定員に達したため募集を締め切りました。
多数のご応募ありがとうございます。


今回の交流を通し、「現地の状況に実際に触れたい」という声を聞きます。
今年の10月一カ月間、ぼくはボローニャに渡り、互いのリカバリーについて語り合う予定にしています。もし良ければ、いっしょに行きませんか。
東京ソテリアとEtaBeta協同組合ともども、皆さまとの現地での再会をお待ちしています。

増川 ねてる


「精神科病院のない国」「社会的共同組合のある国」を体験
「世界精神保健デー(10月10日)」のイベントに参加

※ボローニャ精神保健局の全面バックアップによる視察と交流

ツアー日程

7泊9日の旅 を予定
【注意】現在、日程と料金を最終調整中です。
10/7(土曜) 羽田→(乗換)→ボローニャ着
10/8(日曜) オリエンテーション
10/9(月曜) 各所視察・交流①
10/10(火曜) 世界精神保健デー
10/11(水曜) 各所視察・交流②
10/12(木曜) 各所視察・交流③
10/13(金曜) 現地のピアサポーターとともに近隣観光
10/14(土曜) ボローニャ→(乗換)→羽田着10/15日曜

視察 デイケアセンター・社会的協同組合(就労支援)・グループホーム
精神科医療機関 など
交流 当事者や家族との交流

ツアー料金

249,000円(2人部屋)
269,000円(1人部屋)

  • 往復航空券、現地移動、宿泊(朝食昼食込み)、通訳サービス
  • 生活支援(現地スタッフによる服薬管理など、随時サポート)付き

ツアー人数

10人 程度

参加申込

定員に達したため募集を締め切りました。
多数のご応募ありがとうございます。

詳しくは、NPO東京ソテリア(塚本)
℡ 03(5879)4970 ✉ info@soteria.jp
までお問い合わせください。

グループホームの入居者を募集します。

当法人の運営におきましては、日ごろよりご協力をいただき感謝申し上げます。このたび、グループホーム(アパートタイプ)において、4名(男性1名・女性3名)の入居者を募集いたします。

1 グループホームとは

精神障がいのある人が、精神科病院から退院する場所として、家族の同居から自立するために、地域で症状の悪化するおそれがあるときに、専門スタッフのサポートを受けながら、小人数で地域に溶け込むように生活しています。アパートタイプでは、将来ひとり暮らしが見込まれる方に、それぞれ期限(6ヵ月から3年まで) を設けて、より単身での生活に近いかたちで支援を行っています。

2 施設の概要

  • 五番館
    東京都江戸川区松島四丁目
    女性ユニット[賃貸12 世帯ワンルームアパートの内4戸利用]
    ※3戸を入居者・1戸を世話人室
  • ウェルコート
    東京都江戸川区松島四丁目
    女性ユニット[賃貸9 世帯ワンルームアパートの内8戸利用]
    ※7戸を入居者・1戸をミーティングルーム
  • フェニックス
    東京都葛飾区新小岩一丁目
    男性ユニット[賃貸18世帯ワンルームアパートの内9戸利用]
    ※7戸を入居者・1戸を世話人室・1戸をミーティングルーム

3 利用の対象となる方

  • 精神科に通院し、症状がある程度安定している方
  • 日中の活動の場(デイケア・福祉作業所等)を利用している方 ・ 身の回りのこと(服薬管理・金銭管理)を一人で行える方

4 支援の体制

月―金 9:00-21:00 夜間は電話でのオンコール対応になります。
土・日 9:00-18:00

5 サービス内容

  • 生活の相談(週一回のミーティング)
  • 健康の管理(バイタルチェック、服薬の見守り) ・ 家事の支援(居室での調理、清掃等)
  • 食事の提供(週二日の夕食会)

6 入居までの流れ

医療機関の相談室、福祉施設の職員、保健所や福祉事務所などを通じてお問い合わせください。
見学→日中体験→試験宿泊→面接→契約手続き→入居

7 利用の料金(1 ヵ月当たり)

共益費 10,000 円 + 電気使用料
食 費 夕 400 円×日数 ・ 実費(朝と昼食)
※この他、住居費とケア費用には各種の助成を利用できます。

お問い合わせ

特定非営利活動法人 東京ソテリア(担当 永武)
☎ 03(5879)3312
✉ info@soteria.jp

写真


案内パンフレット

詳細は下記PDFファイルをご参照ください。
案内パンフレット(.pdf)

ワークショップのご案内「障害から再生する試み ~ ボローニャの木片を使って」

イタリア・ボローニャ郊外に社会的協同組合Etabeta coop(エータベータ)はある。障害のある者もない者もともに働く連帯の意識は、地域であらたな可能性を拡げている。このワークショップで取り上げる木製玩具はEtabetaで制作され、児童教育や障害者のアートセラピーに用いられている。

テーマ

治療の道具としての「手と自然物」
自然の素材に触れ、それを使った教示と対話を通し、認知・情緒・行動に変容をもたらすことを体験してください。

内容

世界を、障害のある者もない者もともにより良い未来へ─ かつて、レンガの家に薪を灯した人々のこころに、互いを支え合う気持ちは当たり前に存在し、それは、障害児・者ともに生きる社会を育んできました。

レンガ色の中世の街、ボローニャから持ち込まれた木の切れ端は、木に触れ、木を感じてもらうことで、人や社会に対する意識を変えようという願いを結集して作られました。ワークショップでは、木片を積み重ねていくことで、自らの表現を勇気づけ、未来を想像し、障害からの回復を感じていきましょう。

次世代の自主製品を担う、就労支援に携わる方々にも参加していただければと思っています。

対象

障害児・者、その家族、医療・保健福祉の従事者

講師

Joan Crous(ジョアン・クラウス)
社会的協同組合Etabeta coop代表 芸術家

日時・場所

  • 江戸川セッション 
    2017年8月27日(日)11:00-13:00
    地域活動支援センターはるえ野
    江戸川区春江町2-41-8   ℡03(5664)6070
  • 名古屋セッション
    2017年8月30日(水)10:00-12:00
    就労支援事業所キラリア円頓寺
    名古屋市西区那古野2-12-5 ℡052(583)8118

参加費

無料

問合せ

NPO東京ソテリア(塚本)
℡ 03(5879)4970 ✉ info@soteria.jp
※お席に限りがございますので、事前の申し込みをお願いします。


主催

日本・イタリア精神障がい者共同就労支援プロジェクト(NPO東京ソテリア)

障がいのある人にもない人にも、「働き方改革」が求められています。すべての人が仕事への意識と働く意欲を高め、組織全体の生産性の向上を図るために、過労とこころの健康の再認識など、これまでの雇用のあり方を見直すことが必要になっています。私たちは、イタリアの社会的協同組合との事業提携を踏まえ、精神障がいのある人とともに、仕事と生活、社会との調和のとれた働き方を実現していきます。


Eta Beta coop とは

1992年設立(イタリア・ボローニャ)物質関連障害のある人を対象としたリハビリテーションと就労・雇用支援を提供。芸術的活動のほか、調理、清掃、農作業、手工芸、クリーニング等の事業を実施。社会的協同組合 A型/B型 http://www.etabeta.coop


関連イベント