イタリア ボローニャで知る精神保健の地域活動 ~食と芸術の旅~

イタリアで、精神科病院の廃止を定めてから41年、医療や福祉の支援者はどのように革新を支え、当事者と家族、地域社会はそれをどう受け止めてきたのでしょうか。
東京ソテリアでは、2018年10月、ボローニャで活動するアルテエサルーテ演劇集団を招聘し公演活動をおこないました。その活動は大きな反響を呼び、2020年10月の再招聘再公演が決定しました。

ボローニャ精神保健局の全面バックアップによる地域活動としての食と芸術活動をめぐる旅。地域活動の中で「食」をどう扱っているのか、「芸術」における取組や運営の歴史は・・・その背景にある医療・福祉施設の視察、イタリアのピアサポーターや家族との、本音の語り合い、社会的協同組合での就労体験、支援者、当事者、家族、行政など、それぞれの立場から、これからの精神保健・医療福祉のあり方について考えましょう。

日程

2019年10月(視察内容は仮であり変更になる可能性があります)

グループA グループB
(芸術)
グループC
(精神保健)
5(土) 東京発ー
同日ボローニャ着
東京発ー
同日ボローニャ着
6(日) 午後 オリエンテーション 午後 オリエンテーション
7(月) 終日 精神保健視察
①医療・デイケア
終日 精神保健視察
①医療・デイケア
8(火) 終日 精神保健視察
②居住・就労・ピアサポートなど
終日 精神保健視察
②居住・就労・ピアサポートなど
9(水) 日伊共同就労支援プロジェクト体験
または近隣都市観光
東京発ー
同日ボローニャ着
日伊共同就労支援プロジェクト体験
または近隣都市観光
10(木) 世界精神保健デー 日伊合同精神保健フォーラム
11(金) 終日 ③地域における芸術活動視察 終日 ③地域における芸術活動視察 ボローニャ発
12(土) 終日 ④地域における芸術活動視察 終日 ④地域における芸術活動視察 東京着
13(日) ボローニャ発 ボローニャ発
14(祝月) 東京着 東京着

※グループA:10月5日(土)~14(祝月)
グループB:10月9日(水)~14(祝月)
グループC:10月5日(土)~12日(土)の3パターンの日程をご用意します。

費用

グループA:333,000円
グループB:260,150円
グループC:285,150円

※ フライト+宿泊 朝食代込み
※ 現地での視察に関する移動費や通訳費も含みます
※ 観劇料や地域活動としての「食」を味わう食事代も含まれます(滞在中全ての食事代が含まれるわけではありません)

世界精神保健デー 日伊合同精神保健フォーラム

10月10日の世界精神保健デーにイタリアボローニャとの合同フォーラムを設けます。日伊双方に精神保健の現状を発表します。

なお、本企画は第62回日本病院・地域精神医学会とスカイプでつなぎ、イタリアの現状の報告を含むディスカッションをおこないます。

世界精神保健デーとは

1992年以降、毎年10月10日を世界精神保健デーと定め、メンタルヘルスについての意識啓発と偏見をなくす活動が行われています(世界保健機構: WHO)。我が国においても、精神疾患や精神障害者に対する正しい理解の促進を図るため、様々な活動を通じて普及啓発が進められています。特に、精神障害者福祉の現場においては、「入院医療中心から地域生活中心へ」という方策を、当事者や当事者家族を含めた地域の共通認識とすることが重要となってきています。

定員

20人程度
精神保健・医療福祉の従事者、当事者・家族、障害者雇用の関係者、行政、その他一般

問い合わせ・申し込み

以下の内容をご連絡ください。

  1. お名前
  2. ご所属
  3. 居住地の都道府県
  4. 希望日程(グループA~C)
  5. 連絡先メールアドレス
    ご一報いただいたのちに担当者よりご連絡させていただき、以下の情報をお聞きしますので、ご用意お願い致します
  6. 連絡先電話番号
  7. パスポートがすでに手元にある方はパスポートコピーをデータでお送りください。まだお持ちでない方は、取得見込み日とパスポートに記載予定のお名前のローマ字をおしらせください。

NPO東京ソテリア:塚本
Tel  03(5879)4970
E-mail info@soteria.jp