【9月13日】ボローニャ修行の9日目

【9月13日】ボローニャ修行の9日目(ラザニア作り)

 

今朝は、日本の学生ボランティアさん(2人)とのETA BETA。僕がバス停につくと、栗原さんが学生さん2人と話をしていました。そして、僕も挨拶をして、バスに乗ります。そして、

ああ、この景色だったな、僕が最初に「道を覚えよう!」って思って意識して覚えることをしたのは…。

「この高架が目印で」

「あの大きなビルが見えてくると、ちょっと意識した方がいいんです」

そんなことを伝えていきました。

 

そして、ETA BETAについて、朝の挨拶が始まると… ETA BETAの方からも、新しい人が入って来まして…と紹介があり…

いつもよりも3人多い中でのミーティングの始まりです。

それを丁寧にやっていくのが印象的。

そして、やることが決まったら、そっちにすぐに切り替わるのも、印象的。

僕は、スフォッリャという生地作り。新しい研修生も一緒になっての生地作り。…だいぶ覚えてきたものの、

「手の感覚で覚えるんだよ」

というところにはまだいってなく、「これでいいですか?」「うーん、少し水を足しましょう」

 

そして、生地を作ると、寝かしましょう。

「僕も、少し寝てきます」

 

—————————–

 

そして、少し置いた生地を延ばして…

 

次はベシャメラソースです。

これも、「これは、ねてるがやってね」ということで張り切ります。そして、これもまた、

「よくみてね。この感じ」

すこしずつ“デジタル”な思考から、“アナログ”な思考になってきている僕がいます。デジタル思考を止めてみると、最初は不安だったのですが…次第に世界が新鮮に見えてきています。「こんなにソースが固くなってきたか」「うん、ちょっとサーレが足りないな」

 

そして、ラザニアように生地をカットしたら、茹でる時間です。そして、茹で終えたらいよいよラザニアの成形。器にバターを塗って、パン粉を敷いて、生地おいて。ベシャメラソース、ラグーのソース、パルミジャーノ。生地おいて、ベシャメラソース、ラグー、パルミジャーノ…少しずつラザニアが出来てきます。

 

—————————–

そして、

この日は、ETA BETA代表のジョアンさん、キッチンの責任者のジョバンナさんとの振り返り。

 

「大切なことは、一人ひとりが自分自身に気づいて、自分を成熟させていくこと」

「ここでは、一人一人がその人として育つためのサポートをしています。なので、お互いに支え合うことが大切。職員は、最初やることを伝えたら、あとは見守るだけです。なので、職員の数もそんなに多くはありません」

「ここで育った人。その人たちは、みんな“違う個性”の人として、成長していきました。それが、大切なことなのです。全体として、沢山の可能性がここに現れるのですから」

 

—————————–

 

それから、ラザニアを食べて、アルテサルーテ劇団へ。

 

時間は、いつもよりも40分位遅くなっていました。そして、僕は、「すみません、やっぱり仮眠が必要です。少し、遅れていってもいいですかね?」

「よいと思いますよ。15分遅れていきましょう」

 

—————————–

劇場に到着すると、舞台の人と挨拶したり…昨日と違う会場なので送っていくよ。「ありがとう」

昨日までも、人が集まったら始まる式だから、少し遅れても、これがイタリア流…

 

って、思っていたら違っていました。

 

「ねてる、ねてるは、ほんと時間がないのだから遅れてきたらダメだよ」

(…と言われたのだと、思います)

 

そこで、思ったのは、

全体として、時間遅くなってもよい…とか、そういうことではない(人によってそれは違うし、時期によっても勿論ちがう…)っていうことを、

あらためて、思いました。

 

イタリア人は、ゆっくりしている…

って、ことはないな…と。でも、おそらくなのですが「寛容」という価値観はあって…その日は欠席の人がいたり(理由はわかりませんし、連絡もあったのかも知れません)、遅れてくる人もいましたが、僕がついて少しするとすぐに練習スタート。…なので、ほんと、ここは僕が遅れてはいけないところだった(そして、それは全体のためということもあるのでしょうが、それ以上に僕のためを思ってくれるのが、とてもよくわかり…ほんと、「個人の成長」を考えている“文化”なのだなと、僕は思いました)。

 

そして、ここは日本公演のお楽しみなので詳しくは書きませんが、台本にないアイデアが挿入されて…そして、その時の監督と担当の俳優さんの目のキラキラしていること!

そして、「これはどうなんだ?」って僕に聴くときの、ほんと“学びたい”という時の、“知らないところから聴く”感じ。その時の、知っている者への敬意のまなざし。

とっても、とっても、印象的でした。

 

—————————–

 

そして、熱い打ち合わせがあって、その日は終了。

 

僕も、少し劇場で横になり…

「ねてるさーん、どこですか?」という栗原さんの声で目覚めて起きて。

 

疲れが出来てきている…

でも、充実感も確かにある…

二週間が終わった一日でした。

 

 

◆ラザニア

◆劇団公演

 

乞う、ご期待!!

 

 

増川ねてる

【9月12日】ボローニャ修行の8日目

【9月12日】ボローニャ修行の8日目(トマトソース作り)

 

今日は、やることがとっても沢山の日でした。

 

アルテサルーテで、練習の後に「打ち合わせ」があるってなっていたので、もともとが終了時間が遅いってわかってて…

長い一日がはじまるな、

思って始まった一日でした。

 

そして、

午前のETA BETA、行ったら、

予定変更が告げられました。僕としては、一日でも早くラザニア作りを学びたい! って思っていたのですが、これはもう仕方がない。考えを変えて、「トマトソース作り」

…この辺が、イタリアっぽいな思っています。

 

「今、必要なことを、やるのだ!」

 

とう感じ。

今日、やらないとトマトが傷んでしまうし、今日はこっちでお願いします。…この常に、「今の必要性」。

そして、やるからにはどーんとやっていくのもイタリア流って感じます。出てきたトマトの多いこと、多いこと。

それを二つのチームに分かれて、水で洗って、カットして…

 

ってやっていたら、表ではそれを湯引きするチーㇺがいて…

なんとも豪快な景色がそこにはありました。

そして、この国の、豊かな土地に想いを馳せます。

そして、みんなこの作業を“楽しみながら”やっているのが印象的。

作業に入り、時間が経つとやがて鼻歌が聞こえてきて、そのうちラジオがONになり…

いろんなことを、楽しみながらやっていく…その工夫といいますが、その(最初からラジオはついていないんです)展開に、知恵を僕は感じていました。

 

今あるものを楽しむための工夫をしていく。

 

そして、それがこの国の時間を豊かにしている秘訣なんだと思いました。

—————————–

そして、午後は、アルテサルーテ。

 

今日も、

少しずつ人が集まってきて…

(予定の時間には来ている人ときていない人がいます…)30分位したところで、

「そろそろ始めましょうか?」

ってなりました。

そして、僕が歌っていると、

「ねてる」

って、しーーーってしぐさを監督から。

あれっって思って、

そう!そうか!! ここは、僕の担当じゃない!!

 

そして、休憩時間に確認を。

そしたら、やっぱりそこは違っていて…

そっか、先日は、出番でないところを歌っていたにも関わらず、歌わせてくれてたのね…

そして、今日、また、教えてくれた。

 

なんというか、、、

確認することの大切さを改めて感じたのと…

 

「個人の“必要性”」に関する感性が、みんな高いんだなと、

午前の経験も踏まえて思ったところ。

そして、「これはどうなんですか?」聞いたらとても丁寧に答えてくれる。

—————————–

人は誰でも、「必要なこと」があって、

それを互いに協力し合って満たしていく。

 

そんな世界観を感じた日でした。

 

だから、打ち合わせも、ほんとそんな風に進んでいって。

 

「自分が」「他人が」今何を必要としているのだろうか?

 

他人のニーズに圧倒されるでなく、自分のニーズをしっかり持って(自覚して)、人との間で生きていく。

 

そこを今、僕は、学んでいます。

 

 

増川ねてる

【9月11日】ボローニャ修行の7日目

【9月11日】ボローニャ修行の7日目(ラザニアのためのソース作り)

 

今日は、一人出勤の二回目!

 

昨日が栗原さんがいる日だったのですが、(だからこそかな?)僕の中にちょっと油断があったので、今日は少し早く家を出ました。そbarによって、朝ご飯を買って…初めての食べ物を買ってみたのですが、これが、うまい!

とっても良い気分になって、バスに乗りました。

 

そして…

一人なので、降りるバス停を間違えてはいけないと、緊張しつつも風景を楽しめている僕がいました。そして、思っていたのは、

 

それにしても、イタリアの道路には、「信号がない!」

交差点にしても、ロッタンダというロータリー?で、こう、ぐるーーーと回る方式で、止まらなくていいんです、車が止まらなくても違う道に入って行けるようになってるんです。

そして、車は止まらない…

 

やがてバスは、降りるべきバス停へ。

 

—————————–

 

僕がETA BETAに着くのと同時に、ジョアンさんと、ジョバンナさんも、到着して。

ジョアンさん、会うとほんと元気が出ます。

 

そして、今日使う素材を確認したら、それぞれの作業へ。

僕は、

「ラグー」のソース、つまりスパゲッティボロネーゼ、…つまりミートソース!のソースづくり。

ここでも、ポイントは、

 

今ある素材を、自分の目でみること!

 

とかく僕は、レシピが気になり…

何個? 何グラム? 何分??

ってのが気になるのですが、

そうではないよ、ねてる。これをみて。

 

ちょっとおっきいでしょ。だから、これは少し数を減らして…

ほら、黄色になったでしょ、この色なのよ(…玉ねぎが黄金色になるってのを、僕は生まれて初めてみた!って思いました。日本の玉ねぎは、黄金色には、なりませんよね? 表現としては、知っていますが…)

どう、この匂い!

そんな風に進んでいきます。

そして、

思ったのは、(…これは、昨日も思ったのですが)水を殆ど使いません。野菜の水、お肉の水、それで充分っていうことなのですね。

(これは、そのあと少し手伝いをした、「トマトソース」を作るときもそうでした。水分を絞ってなくすんです。僕の感覚だとその水分の中にもトマトのエキスが…って思うのですが、そうではないらしい)物が持つ力を使っていくというのでしょうか…とても、とても、豊かな土地なんだな…って思っていました。

 

—————————–

 

さて、

そして、この「ラグーのソース」。

時間をおいた方がよいということで、今日は使わず、

明日使用となりました。

 

それから、僕も、トマトソース作りに参加して…

これが、伝統的なソースの作り方。工場で作るのではない方法。

って、説明を聞きながら、作っていきました。

 

そして、

今日知った、イタリア料理、ミニミニ情報。

 

—————————–

 

イタリアではね、ラグーのソース、つまりミートソース、つまりボロネーゼ。

これは、スパゲッティでは食べないの。

タリアテッレか、ラザニアで食べるもの。

だって、スパゲッティだとパスタに絡まないでしょう。スパゲッティには、トマトソースや、オイルのや、お塩の味付け。ラグーは、スパゲッティには合わないし、スパゲッティで食べるイタリア人はいないんですよ。

 

—————————–

 

そして、さて、

 

明日は、このラグーのソース、

つまりは、ミートソース…ボロネーゼで、ラザニア作ってまいります!!

 

 

ねてる

【9月10日】ボローニャ修行の6日目

【9月10日】ボローニャ修行の6日目(ラザニアと演劇)

 

今日は、朝から

 

“ビックリ”

 

っていいますか。刺激的な一日でした。

まず、

僕が待ち合わせのバス停に向かっていくと…バスがたくさん見えるんです。そして、乗るべきバスが通り過ぎたようなきがして…

急いで向かうと、、、もうバスは来ているんです。来ていて、入口が開いているんです。 もちろん、すぐに乗りました(イタリアは、公共交通機関が“遅れる”ということを聞くと思うのですが、遅れるだけではありませんでした。早く来るっていうことも、あるんですね…)

 

そして、いつも一緒になる人が今日は乗っていなく…(こんな日もあるんだな…)また新鮮な気分で、EATA BETAに着きました。そして、僕たちは週末のことを話し…僕はもちろんマラソンのことを話して。

「よく走っているの?」

「まったく走っていません」

「Oh,クレイジー」

「あ、でも、マラソン大会の前日、前々日は走っていたんですよ(笑)」

「でも、ほんと、メダル、おめでとう」

「ありがとうごいます!」

 

そんな話を、カフェを飲みながらしていると、

ジョアンナさんが、ジョアンさんとやってきて…

「道が混んいて…遅くなってごめんなさいね。

週末は、みなさん、何をしていたの?」

 

この辺の感じ、

「時間遅れてごめんなさい。」

そして、「週末は何をしていたの?」 それをみんなに丁寧に聞いていく。うまい言い方が出てきませんが、「時間」や「予定」中心ではなく、「人」が中心って感じがするんです。僕なんか、どうしても、その日の「予定中心」になりがちで… 遅れた、ごめん、になると、その時間を取り戻そうというモードになるんですが…

それよりも、「週末どうしていましたか?」

それが、大切なことなんだよなって思いました。

そして、僕にも、「ねてる、金曜日は丁寧じゃなかったでしょ。ごめんなさいね。パヌスの最終日で、しかもその後の予定もあってね。ごめんね」

 

それに対して僕が答えたのは、

「本当に大切なこと、大切にするって言いうことを学んでいますよ。特に、金曜日は印象的でした。ありがとうございます」

 

そして、この朝も、

《大切にする》ということは、どういうことなのか

ということを学ばせて頂きました。

 

—————————–

 

そして、

今日の「調理実習」では、ロザンナさんが担当で、同じ実習生のシルビアさんと僕が生徒。

先ずは、ラザニアの生地作り。

これが、「そうそうそう」って感じでとっても興味深い。

つまり…

 

小麦粉100グラムw計るのですが、100グラム丁度でなくても、よい。(その次にバターを計ったのですが、それもちょうどでなくてもよい)そこに拘らなくてもよい、というわけです。

理由は、そこに入れる玉子がそれぞれで大きさが違うから…(バターもそう。味は後で整えるのだから)。

 

 

思ったのは、なら玉子もぴったりグラムで計ったらよいのでは…

でも、

そうじゃないわけです。

つまり、最終的には、「手の感触」なのだから。

 

時に日本に暮らしていると、「正確な部品」を用意したら、「正確な全体」が完成する…思うようになるって思います。でも、この国においては、ちょっと違う。作業の過程で次第しだいに完成に近づけていく… 先ずは、大体のところから(今あるところから)始めていこう。そして、結果オーライを目指して進もう。

そんな姿勢を感じます。

だから、完全な部品が揃わないと進めない、とはならず、やりながら完成させていこうよが出来るのではって思いました。

だから、ここのところのコツを教えて欲しいのですが…に対して返ってくるのは…

 

「今のこの感じ。これを覚えておいて!」

 

なんですよね。

 

(エータベータで収穫された野菜を使ったラザニアの出来上がり)

 

———————————————————-

 

それから、今日の演劇の稽古。

 

ここは、もう、書き残しておくは、この2点。

 

みんなが、ほんと真剣。

そして! 才能があるんです。

 

っていうか、才能のある人たちが声かけられて、

それで稽古を積んでいるって聞いてます。つまり、プロなわけ。

そして、みんな遠慮ない。

そして、みんな誇りをもっているし、この仕事が好きって、改めて感じました。

 

で、

(上が一点目なのですが、そして次が二点目なのですが)

歌の練習の時でした。

なぜか、僕が乗ってきて、歌えた時があったんです。

 

時折ガレッラ監督とも、目があったりして…

そして、その歌が歌うと、

 

「ねてる、ブラボー」

そうすると、劇団のみんなも、

「ねてるーーーー」

「ねてるーーーブラボーーー」

ってやってくれるんですね。

嬉しかったです。

イタリア人の中で、イタリア語で、

「今のパートは、ねてるがよかったねーーー」 って。

 

そして、別の歌。

 

これは、タイミングが難しく、何度も何度も、直していって、

じゃ、合わせよう

って、なった時に、

 

やっちゃったんです。

早く、音を出しちゃった。

しかも、僕一人…

 

 

すかさず、後ろから、、、

 

「ねてるーーーー」

 

って。

この辺。

みんな真剣で、そして遠慮しないで(でもそれが、嫌な感じがしないんです。責められてるって感じではなく、“もうっ”って感じなんです。

 

人を責めるのではなく、もうっ って不満を表現できる

 

って、すごくないですか?)

その辺が、ほんといいなぁって思いました。

 

 

—————————–

 

そして!

 

ほんと、面白い演劇です。

歌も、ほんといい歌。

 

みなさん、待ってて下さいね!!!

 

 

増川ねてる