アーカイブ

絵画のワークショップ「いまを生きていくもの ー観音さまのアイテムを使ってー」

全国各地から伊勢神宮をめざした伊勢街道。その宿場町のなかでひときわ栄えた津観音の門前町・大門。いま、障がいのある人をも癒す街に。ワークショップでは、私たちのシンボルでもある観音さまをテーマに、大門にある福祉施設の利用者とのコラージュを作成します。

日時 2024年7月7日 9:00〜18:00
場所 ソテリア大門(バーPIGEのお隣)
対象となる人 大人と子ども、どなたでも。定員は20人。
費用と持ち物 無料です。手ぶらでお来しください。

ティアラ、ショール、ネックレス・・・たくさんのアイテムをお持ちの観音さま。それらは、人々のこころも身体も、ともにより良く暮らすことを願うものという。

その昔、医療も衛生も発達しておらず、飢饉もありました。病や災害、犯罪など、日々の生活に様々な危険があったはず。「不安」「怖れ」「苦しみ」を少しでも軽減させようとした願いは、観音さまの持ち物一つひとつに表れています。

わたしたちの生きていく環境は、本来とてもシビア。いまの日本でようやく、食べ物に困ることも少なくなってきました。医療も発達し、薬も充実し、夜間に診てくれる病院や福祉施設さえある。

1500年前、インドからミャンマーや中国を渡って日本に着いた観音さまが、「こうだったらいいのに」と思ったことのおおくは実現しました。

いまある生活は、これまで生きてきた人々の、長い時間をかけて作り上げてきたもの。ワークショップで、観音さまの持ち物に込められた願いを通して理解します。
皆さまの困りごとや不便なことを乗り越える、小さなものを描きだし、これを地域のなかま達とコラージュ(積み重ねる)する。そのことで、のちの未来は良くなっていきます!きっと。

千手観音の持ちもの一覧」を参考にしました。


講師:イマハール・ミホ

保育士、また介護福祉士としてのキャリアを持ちと活動。社会福祉に携わる一方、国内外で障害児・者の表現活動のボランティア・ワークショップを積極的に展開。このワークショップでは、精神保健とアウトサイダーアート(生の芸術)を重視し、人々のこころに触れ、喜びと癒しを与える作品づくりをサポートする。


ふだん普通に生きていると、
自分なんて・・・、
なにも成し得ていないのに・・・。
って思いがち。
大きな流れでみると、
未来の人々の役に立っているかもしれないのです。


チラシのダウンロード(PDF)

 

6月の催事予定

6月は以下の催事に出ます。

ぜひみなさまお越しください!

___

6月30日(日)  10:00~15:00 東京スポーツレクリエーション専門学校学園祭

グラノーラ
コーヒードリップバッグ4個セット
フランクフルト
レモネード
フルーツポンチ

___

 

みなさまのお越しをお待ちしています!

 

6月予定表

6月

いよいよ梅雨の季節です。気持ちが落ち込みがちな時はぜひセンターに来て

みんなとお話してみてはいかがでしょうか?

6月2日(日)法律相談会開催のお知らせ

地域活動支援センターはるえ野では、隔月日曜日(偶数月)に弁護士を招いて法律相談会を開催しています。弁護士と個別でゆっくり相談をしていただける時間ですので、どうぞご活用ください。今回もオンライン相談会とさせていただきますので、zoom情報のお知らせのためにまずは電話かメールでご連絡をお待ちしております。オンラインが難しい方等直接センターはるえ野にお越しいただいても差し支えません(その場合はセンターはるえ野設置のPCでオンライン相談可能です)。

・会場  地域活動支援センター はるえ野

・お問い合わせ

地域活動支援センターはるえ野(特定非営利活動法人 東京ソテリア)

〒132-0003  東京都江戸川区春江町2-41-8

電話:03-5664-6070 FAX:03-5664-6071

Eメール:info@soteria.jp

直接センターはるえ野にお越しいただける場合はお申込みは不要です。お気軽にお越しください。

※事前申し込みいただいていない場合、お越しいただいた際に少しお待ちいただく可能性もございます。おおよそのお時間の指定が必要な方は事前にご相談ください。