2020年10月、アルテ・エ・サルーテ再来日! 「マラー/サド」再公演決定!!!

【お詫び】
アルテ・エ・サルーテ公演オーディションの結果通知について
9月中の通知とお知らせしておりましたが、
選考に時間を要しており、通知が遅れております。
10月中にはご連絡できるようにいたします。
もう少々お待ちくださいませ。

「ボローニャの精神保健における芸術活動を知ろう!」同時開催:公演オーディション

イタリアで、精神科病院の廃止を定めてから41年、医療や福祉の支援者はどのように革新を支え、当事者と家族、地域社会はそれをどう受け止めてきたのでしょうか。

東京ソテリアでは、2018年10月、ボローニャで活動するアルテエサルーテ演劇集団を招聘し公演活動をおこないました。その活動は大きな反響を呼び、2020年10月の再招聘再公演が決定しました。

マラー・サドの演目を東京・浜松・名古屋・大阪の4都市にて公演予定です。
今回は、アルテ・エ・サルーテ劇団とともに出演する日本からの参加者を募集します。

あなたもアルテ・エ・サルーテ劇団とともにマラー・サドに出演してみませんか?
ワークショップ形式のオーディションです。お気軽にご参加ください。

イタリアの芸術活動を体験できるような機会やイタリアの精神保健についても知ることができる機会です。第一部のみのご参加も可能です。ふるってご参加ください。

○日時・場所・定員(定員に達し次第締め切らせていただくことがあります)

終了しています

【東京】9月7日(土) 第一部:50名 第二部:15名
地域活動支援センターはるえ野(東京都江戸川区春江町2-41-8)
【浜松】9月11日(水) 第一部:50名 第二部:15名
ぴあクリニック内虹の家(静岡県浜松市北区根洗町537-2)
【名古屋】9月14日(土) 第一部:50名 第二部:15名
名古屋市演劇練習館[アクテノン](愛知県名古屋市中村区稲葉地町1丁目47番地 (稲葉地公園内))
【大阪】9月16日(祝月) 第一部:200名 第二部:15名
堺市立南図書館ホール(大阪府堺市南区茶山台1丁目7-1)

13:00 開場受付開始
【第一部】
(要申込。第二部にご参加の方は第一部もご参加ください。第二部に参加される方の支援者およびご家族の方のご参加も歓迎します)
13:30 ボローニャ精神保健の取り組みを知ろう
講演:イヴォンヌ・ドネガーニ(エミリア・ロマーニャ州立ボローニャ地域保健連合機構精神保健局前局長)
14:00 「ソトに出るということ」放映
コメンテーター:
イヴォンヌ・ドネガーニ(エミリア・ロマーニャ州立ボローニャ地域保健連合機構精神保健局前局長)
ナンニ・ガレッラ(アルテ・エ・サルーテ監督)
15:00 【第二部】
(申し込み制)
15:30 オーディション
17:00 終了

🔶第二部概要

○オーディションについて

・監督等との面談形式です

・簡単な病歴もお聞きすることがあります

○オーディションによる出演採用人数

採用人数 各地3名ずつ(4都市×3名 計12名)

○応募条件

イタリア語の能力や、演劇の知識経験は問いません。皆様のご応募お待ちします!

  • 18歳以上
  • 演劇に興味があること
  • 当事者(精神科受療経験がある者)、もしくは精神科医療従事者(医師、看護師、作業療法士、精神保健福祉士、など)、もしくは学生
  • 担当医や支援者と情報交換をさせていただくことに了承いただけること
  • 主治医の理解を得られること
  • 2020年1月(愛知)および9月(ボローニャ)のリハーサルに参加可能であること
    (交通費および滞在費は当法人がご用意いたします)
  • 謝金等のお支払いがない旨了承いただけること
  • 以下、本番の日程いずれかに必ず参加できること
    東京  2020年10月9日(金)10日(土)
    浜松  2020年10月12日(祝月)
    名古屋 2020年10月14日(水)
    大阪  2020年10月17日(金)18日(土)
    ※東京・大阪公演に出演希望の方は2日間の出演が必須

○オーディションの合否について

数日後にご本人宛に通知いたします(当日その場では合否のお知らせができません)

○持ち物

  • ご自身の経歴書(顔写真添付)をお持ちください(書式は問いません。任意の様式で自由に記載ください。演劇を通して何を実現したいのかもお書きください)
  • 動きやすい服装でお越しください

○申し込み方法

終了しています

ウェブフォームからのお申し込みができない場合、下記の必要事項を明記の上、2020@soteria.jpまでメールをお送りください。→氏名、性別(任意)、年齢、住所、電話番号、FAX(任意)、メールアドレス、以下の中で該当するものを選択してください(医師/看護師/作業療法士/薬剤師/その他医療職/当事者/学生)

○申し込み締め切り

8月31日(土)
第二部は8月31日で締め切りました。
第一部はお申し込み受付を延長します!

○スケジュール

2019年9月 オーディション・出演者決定
2019年11月〜2020年2月 合同トレーニング・リハーサル@愛知
2020年9月 合同トレーニング・リハーサル@ボローニャ
2020年10月 公演本番
10月9日(金)10日(土) 東京:イタリア文化会館
10月12日(祝月) 浜松:クリエート浜松
10月14日(水) 名古屋:場所未定
10月16日(金)17日(土) 大阪:ビッグアイ
※上記の日程以外に、個人での演劇トレーニング・レッスンが必須となります。

【アルテ・エ・サルーテ】
エミリア・ロマーニャ州立ボローニャ地域保健連合機構精神保健局の患者達によるプロフェッショナルな劇団である非営利団体

【マラー・サド】
「マラー/サド(マルキ・ド・サドの演出のもとにシャラントン精神病院患者によって演じられたジャン=ポール・マラーの迫害と暗殺)」
フランスのシャラントン精神病院に収監されているマルキ・ド・サド侯爵が、患者たちを使い、フランス革命指導者であり、後にシャルロット・コルデーにより浴槽で刺殺されるジャン=ポール・マラーのドラマを描くという設定の劇中劇。実際に精神障害や社会からの疎外を経験した俳優達が、芸術的な感性と巧みな演技力で、革命、そして、人間としての自由を表現している。イタリア国内ならず、中国やスペインでの海外公演でも高い評価を得ている。
脚本:ペーター・ヴァイス/脚色・監督:ナンニ・ガレッラ/オリジナル音楽:サベリーノ・ビテ
制作:エミリア・ロマーニャ演劇財団 アレーナ・デル・ソーレ劇場(ボローニャ)、エミリア・ロマーニャ州立ボローニャ地域保健連合機構精神保健局

イタリア ボローニャで知る精神保健の地域活動 ~食と芸術の旅~

募集は終了しました

イタリアで、精神科病院の廃止を定めてから41年、医療や福祉の支援者はどのように革新を支え、当事者と家族、地域社会はそれをどう受け止めてきたのでしょうか。
東京ソテリアでは、2018年10月、ボローニャで活動するアルテエサルーテ演劇集団を招聘し公演活動をおこないました。その活動は大きな反響を呼び、2020年10月の再招聘再公演が決定しました。

ボローニャ精神保健局の全面バックアップによる地域活動としての食と芸術活動をめぐる旅。地域活動の中で「食」をどう扱っているのか、「芸術」における取組や運営の歴史は・・・その背景にある医療・福祉施設の視察、イタリアのピアサポーターや家族との、本音の語り合い、社会的協同組合での就労体験、支援者、当事者、家族、行政など、それぞれの立場から、これからの精神保健・医療福祉のあり方について考えましょう。

日程

2019年10月(視察内容は仮であり変更になる可能性があります)

グループA グループB
(芸術)
グループC
(精神保健)
5(土) 東京発ー
同日ボローニャ着
東京発ー
同日ボローニャ着
6(日) 午後 オリエンテーション 午後 オリエンテーション
7(月) 終日 精神保健視察
①医療・デイケア
終日 精神保健視察
①医療・デイケア
8(火) 終日 精神保健視察
②居住・就労・ピアサポートなど
終日 精神保健視察
②居住・就労・ピアサポートなど
9(水) 日伊共同就労支援プロジェクト体験
または近隣都市観光
東京発ー
同日ボローニャ着
日伊共同就労支援プロジェクト体験
または近隣都市観光
10(木) 世界精神保健デー 日伊合同精神保健フォーラム
11(金) 終日 ③地域における芸術活動視察 終日 ③地域における芸術活動視察 ボローニャ発
12(土) 終日 ④地域における芸術活動視察 終日 ④地域における芸術活動視察 東京着
13(日) ボローニャ発 ボローニャ発
14(祝月) 東京着 東京着

※グループA:10月5日(土)~14(祝月)
グループB:10月9日(水)~14(祝月)
グループC:10月5日(土)~12日(土)の3パターンの日程をご用意します。

費用

グループA:333,000円
グループB:260,150円
グループC:285,150円

※ フライト+宿泊 朝食代込み
※ 現地での視察に関する移動費や通訳費も含みます
※ 観劇料や地域活動としての「食」を味わう食事代も含まれます(滞在中全ての食事代が含まれるわけではありません)

世界精神保健デー 日伊合同精神保健フォーラム

10月10日の世界精神保健デーにイタリアボローニャとの合同フォーラムを設けます。日伊双方に精神保健の現状を発表します。

なお、本企画は第62回日本病院・地域精神医学会とスカイプでつなぎ、イタリアの現状の報告を含むディスカッションをおこないます。

世界精神保健デーとは

1992年以降、毎年10月10日を世界精神保健デーと定め、メンタルヘルスについての意識啓発と偏見をなくす活動が行われています(世界保健機構: WHO)。我が国においても、精神疾患や精神障害者に対する正しい理解の促進を図るため、様々な活動を通じて普及啓発が進められています。特に、精神障害者福祉の現場においては、「入院医療中心から地域生活中心へ」という方策を、当事者や当事者家族を含めた地域の共通認識とすることが重要となってきています。

定員

20人程度
精神保健・医療福祉の従事者、当事者・家族、障害者雇用の関係者、行政、その他一般

問い合わせ

以下の内容をご連絡ください。

NPO東京ソテリア:塚本
Tel  03(5879)4970
E-mail info@soteria.jp

 

脳卒中当事者が伝えたい本当のこと

平成30年度江戸川区高次脳機能障害普及啓発講演会

「脳損傷当事者が伝えたい、本当のこと」

日時 12月9日(日)13:00~16:00(受付12:30)
場所 タワーホール船堀 2F 福寿
(〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-4-1)
内容 13:00~14:30 
講演会
小林純也氏
「脳卒中患者だった理学療法士が伝えたい、本当のこと」
14:30~16:00 
脳卒中フェスティバルイベント

  • 脳卒中当事者が魅せるダンスライブ
  • 美容体験ブース
  • パラリンピックスポーツ体験ブース
  • 入場無料:申し込み不要
  • 問い合わせ先 :地域活動支援センターはるえ野
  • 主催 :江戸川区、地域活動支援センターはるえ野