世界精神保健デーに繫がる Covid-19をめぐるメンタルヘルスと 演劇・表現活動 − 2021年へ向けて −

2020年、新型コロナウイルスの世界的流行は、人類の生命を脅かし、終わりの見えない日々の中、グローバル化の産物として私達の「健康」への意識を大きく変容させました。未知なる感染症に対する個の不安や恐怖、フィジカルディスタンスは、情報の拡散と共に社会的不安となりました。 そして今、新たな生活様式、他者とのコミュニケーションのあり方、政治政策・経済・文化の新たな在り方と共に、新たな精神保健への提案が世界的な規模で強く求められ続けています。

このような中、東京ソテリアがイタリア文化会館、ボローニャ市、ボローニャ精神保健局(AUSL di Bologna)、アルテ・エ・サルーテ劇団とともに2020年10月に開催を予定していた日伊の精神障害当事者による演劇『マラー/サド』日本公演は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からやむなく2021年へと延期となりました。

困難な状況に向かい合いながらも、私達は関係各所の皆様と共に、今年度2020年世界精神保健デーにイベントを開催する意義を考えました。イタリア文化会館-東京をメイン会場として、大阪・名古屋・浜松・ボローニャをリモートで繋ぎ、変動の時代に求められる普遍的な人と人との繋がり、芸術の力、そして、メンタルヘルスの未来への課題と希望を日伊の共同企画でお伝えしていきます。


日時 2020年10月10日(土)
15:00~17:00
場所 メイン会場:イタリア文化会館-東京 アニェッリホール
東京都千代田区九段南2-1-30
メイン会場とボローニャ、名古屋、浜松、大阪の会場をオンラインでつないでリモートライブ形式で開催します。
プログラムは後日オンデマンド動画配信予定です。

参加申込

2020年9月20日より受付開始です
参加申込みフォーム


チラシのPDFファイルをダウンロード

居住支援法人 住宅セーフティネット事業

連絡先

住所:東京都江戸川区松島2-9-2
電話:03-5879-4970
FAX:03-5879-4971

担当者連絡先:080-7142-9148/050-3797-7490(海老名)
メール:info@soteria.jp

窓口開設時間 月~日 9:00~18:00 (祝日、年末年始を除く)

 


 

PDFファイルをダウンロード

PDFファイルをダウンロード

障がい者グループホームにおける新型コロナウィルス感染症発生のご報告(第二報)

令和二年7月21日付(第一報)にてお知らせした、本法人施設の利用者1名および当該施設の運営等の状況について、以下のとおりご報告いたします。

1-2 対象者の入院加療
症状等はみられない
入院を継続し、健康観察中

2-2 対象者の居室の閉鎖
専門業者による特殊清掃
担当職員の生活用品等の管理により閉鎖を解除(7月29日終了)

3-2 当該施設内外の消毒
専門業者による特殊清掃、除菌を施工(7月29日終了)

4-2 ショートステイの受け入れ
行政機関による積極的な疫学調査を踏まえ、
感染拡大の恐れはないと判断し再開(7月27日再開)

5-2 ご家族等の入居者への面会
行政機関による積極的な疫学調査を踏まえ、
感染拡大の恐れはないと判断し再開(7月27日再開)

6-2 濃厚接触者へのPCR検査
濃厚接触のあった職員(2名)への行政検査の結果、陰性を確認(7月29日確認)
準濃厚接触のあった職員(1名)への行政検査の結果、陰性を確認(7月27日確認)
通常接触のあった職員(7名)への任意検査の結果、陰性を確認(7月25日確認)

7-2 全ての利用者および職員の経過観察
対象者と他の利用者との、感染期間における接触はみられなく、
日常生活内の活動に影響はありません
利用者やそのご家族にたいする人権の尊重および個人情報の保護の観点から、ご配慮いただきますようお願い申し上げます。

引きつづき、関係機関と連携・協力しながら必要な措置を講じるとともに、
あらためて、利用者および職員の感染の予防への意識を促し、
障がい福祉サービスにおける感染の拡大の更なる防止に努めてまいります。

特定非営利活動法人 東京ソテリア
代表理事 野口博文