親の精神疾患が子どもに与える影響を考える ―親、親への支援者、子どもに関わる人に向けたガイダンス―

令和3年度赤い羽根福祉基金助成事業「精神疾患をもつ親とその子供の家族まるごと支援事業」シンポジウム

このシンポジウムでは、親が精神疾患を患っている場合、子どもがどのような問題に直面するか考え、それらへの対処について、実践的なアドバイスを示していきます。

「精神疾患とはなにか?」「精神疾患を持つ親と暮らす子どもは、なぜ問題を抱えることがあるのか?」「だれに助けを求めれば良いか?」

日時 2021年11月28日(日)13時~15時
場所 四谷スポーツスクエア会議室Y & Zoom
(東京都新宿区四谷1-6-4  JR四ツ谷駅より徒歩2分)
定員 会場参加 20人 オンライン(Zoom) 200 人
参加費 無料

ゲストスピーカー

松本俊彦(精神科医)

2015年より国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所
薬物依存研究部部長。薬物依存症や自傷行為に苦しむ患者と向き合う。
著書に「自傷・自殺する子どもたち」(合同出版)、「自分を傷つけずに
はいられない 自傷から回復するためのヒント」(講談社)など。

長沼葉月(保健学博士)

東京都立大学 人文社会学部人間社会学科社会福祉学教室 准教授。
研究テーマは、児童思春期のメンタルヘルスと家族支援、ソーシャル
ワーク面接技法、多機関・多職種連携のための方法論の開発、スクール
ソーシャルワーク実践理論の開発など。


事例提供

齊藤太一(精神保健福祉士・東洋大学大学院在籍)


ファシリテーター

ノグチヒロフミ(こどもソテリア東京四谷)

保健師・心理士・学校教員など、指定発言者を募集しています。

 


参加登録

参加登録はこちらから

お問合せは、NPO東京ソテリアまで
Tel: 03 (5879)4970 / Mail: kodomo@soteria.jp


マルオの場合

十一歳のマルオは学校を休みがち。登校しても元気のないことが多く、服装がだらしなかったり髪が汚れていたりもします。周りに対して威圧的になることがあり、なかなか友だちもできません。学校は彼の家庭での生活に問題があるのではと考えました。

マルオの母親はシングルマザー。マルオへの指導について、学校から再三面談に呼ばれましたが、出向くことはありませんでした。担任が家庭訪問をしたところ、母親は双極性障害を患っているとわかりました。薬は処方されているものの、指示どおりに飲まなくなり、調子の良い日と悪い日があります。マルオは、母が薬をきちんと飲むよう、常に神経をとがらせていなくてはならなかったのです。それが、彼の欠席の多いことや、他の子たちへの態度の理由だったのかもしれません。また母の面倒をみるだけでなく、二歳下の妹の親代わりもしようとがんばっていました。

学校から相談を受け、地域活動支援センターは、母親の病状の管理と親としての役割の両面について支援計画を立てました。センターは、母親がきちんと薬を飲んでいるか把握する体制を整えました。母親自身も、療養のサポートやアドバイスを受けるため、デイケアで開かれているミーティングに参加するようになりました。マルオと妹に対しては、子供家庭支援センターによる調査が行われ、放課後の支援が始められることになりました…

事例参照: https://www.rcpsych.ac.uk “Parental mental illness: the impact on children and adolescents: for parents and carers”より一部改


人生を再編するー高次脳機能障害を持って働くということー

江戸川区高次脳機能障害普及啓発講演会『人生を再編するー高次脳機能障害を持って働くということー』を開催いたします。

“高次脳機能障害と就労”そして“女性と中途障害”を主軸にした当事者講演に加え、感染症まん延時代における障害者就労支援について専門機関からの報告を行います。今回お迎えする講師は、多彩な就労経験(事務職・行政職・自営業・システムエンジニア・経営者)を持ち、後遺症を抱えながら育児や家族関係に向き合ってきた女性たちです。この社会でどのように人生を再編してきたかを語っていただきます。

場所 オンラインまたはタワーホール船堀「瑞雲」
(※ハイブリッド開催)
日時 2021年12月12日(日)
12:30~ 受付
13:00~ 開会
13:10~ 当事者2名による講演(※リモート出演予定)
14:30~ 休憩
14:45~ 専門機関報告
15:00~ トークセッション
15:35 閉会

入場無料、事前申し込み制


北島 麻衣子氏
愛媛県出身。結婚を機に徳島県へ。現在は高校生の娘と小学生の息子の子育てに日々奮闘中!二人目の子供を妊娠中に病気を発症し、命は助かったものの目には見えない障がい(高次脳機能障がい)が残ってしまう。その障がいを受け止めるまでの心の葛藤や向き合い方、社会復帰に至るまでをお話しします。
現在は講演活動以外に、自身の経験を生かして障がいがあっても働きたい!の熱い気持ちをつなぐ「かけはしプロジェクト」を立ち上げ、当事者向けメイクレッスンを開催中。今後も様々なプロジェクトを立ち上げる予定。

ホームページ(kakehashi-project.com)


佐藤 京子氏
東京都出身。江戸川区在住。
20歳からプログラマー・SE(システムエンジニア)として従事。
1995年 父親の会社にてシステム部の責任者になる。
2004年 父親の会社を引き継ぎ、有限会社から株式会社に変更し、
システム事業を中心として運営開始。社名を「株式会社大朋」とする。
2013年 49歳、脳出血を発症。右片麻痺と失語症。
2017年 「up整骨院」開業
2017年 「機能訓練特化型デイサービスup」開業
2019年 脳卒中による女性片麻痺の会「マルシェ」活動開始
2020年 「up訪問看護リハビリステーション」開業


ハローワーク木場 専門援助第二部門 統括職業指導官


主催:江戸川区、特定非営利活動法人東京ソテリア
お問い合わせ:地域活動支援センターはるえ野
(担当:長谷川)info@soteria.jp


👆 参加申込みはこちらから

マラー/サド

2018年10月に初来日した演劇集団アルテ・エ・サルーテの『マラー/サド』が、日本との共同制作により映像作品に。精神科病院を撤廃したイタリアで、自ら障害と向き合う人々が創り上げた舞台は、状況が大きく異なる日本の観客にも強烈なメッセージを投げかける。

こどもソテリア 開設記念セミナー

昨年以来の感染症により、私たちの暮らしは大きな影響を受けています。障がいのある子どもの日常を、どのように取り戻すことができるか、家庭、学校、福祉において日々模索しつづけていらっしゃることでしょう。このようななか、新宿区四谷地区で短期入所(障害福祉サービス)を開設します。子どもたちの新たな日常を、「やすらぎ」と「にぎわい」へのインクルージョンを、地域の皆さまとともに考え、全力で取り組んでまいります。



開設記念セミナー
育ちの保障と豊かな日常
―障害のある子どもとそのご家族に―

日時 2021年4月23 日(金)18:30~20:30
場所 四谷スポーツスクエア会議室Y(東京都新宿区四谷1-6-4 )
定員 会場参加20 人 または オンライン200 人
参加費 無料
対象 障害児への支援に携わる方/障害のある子どものご家族
基調講演 齊藤万比古 先生
「発達障害の子どもの心の育ちを理解し支えよう
―自閉スペクトラム症(ASD)を中心に―」

医学博士、恩賜財団母子愛育会愛育相談所所長、日本児童青年精神医学会元理事長、日本AD/HD学会監事、日本ペアレント・トレーニング研究会顧問ほか
専門は児童・思春期の精神医学。発達障害や不登校など、多岐にわたる臨床と研究に取り組んでいる。

お問い合せ

特定非営利活動法人 東京ソテリア こどもソテリア準備室
Tel: 080 ( 9153 ) 0033 / Mail: kodomo@soteria.jp

お申し込み

※申込期間を延長します!!

直前まで申し込みを受け付けますのでチラシに記載のある申し込み締め切りに関わらずお申し込みください

参加申込みはこちらから


チラシのダウンロード

210325