世界の精神保健スタディ 2022 ツアーシェアのご案内 ―現地集合・現地解散の巻―

募集は締め切りました


1⃣ 世界精神医学会とタイ王国の精神保健・福祉施設 「日本の精神保健サービスはアジアで、その先の世界で通用する」

行先: Bangkok, Thailand
日程: 2022年8月3日から7日

  • NPO 職員がコーディネータとして現地随行します。
  • 費用:66,000 円(英語・タイ語ー日本語の簡易通訳付き)
  • 宿泊(4 泊分)と移動の費用が含まれます。利用ホテル:調整中(2 つ星以上を予定)
  • 航空運賃と学会参加費、食費等は含まれておりません。航空券の手配や学会の参加申 込みの代行を希望する場合は、別途ご相談ください。
  • スタディ内容
    • 世界精神医学会バンコク大会への参加をアシスト ・会場でのスポンサーブースを使用した日本モデルの普及啓発 ・現地でのインフォーマルなセッションを企画し、ネットワークづくり ーアジアと欧米の 精神保健従事者とのミーティングー ・タイ王国の精神科医療と福祉の現状を視察(難航中) ・日曜には、観光やグルメ、芸術鑑賞なども計画します

2⃣ 精神保健の改革の周辺 ―教育、建築、芸術、協同組合―「精神科病院の解体の前後に、一体なにが起きていたか?」

行先: Bologna, Italy
日程: 2022年9月3日から7日

  • NPO 職員がコーディネータとして現地随行します。
  • 費用:99,000 円(イタリア語ー日本語の簡易通訳付き)
  • 宿泊(4 泊分)と移動の費用が含まれます。利用ホテル:調整中(2 つ星以上を予定)
  • 航空運賃、食費等は含まれておりません。航空券の手配の代行を希望する場合は、別 途ご相談ください。
  • スタディ内容
    • 教育者に直接聞く、特別支援を否定した学校の在り方 ・旧精神病院の建物を使用した保健センターでカンファレンス ー日本の事例をイタリアか ら検討するー
    • 精神科患者によるプロフェショナルな演劇集団 ・障害のある者のない者も全く対等に働く場 ・日曜には、観光やグルメ、芸術鑑賞なども計画します

 


お問い合わせ
NPO 東京ソテリア事務局(栗原)まで
電話: 03(5879)4970
Mail: info@soteria.jp

YCAD2022(ヤングケアラー アクションデー) 啓発シンポジウム あなたとともに、ヤングケアラーのより良い暮らしを⽀える

通訳あり 日本語バージョン


通訳なし 英語・イタリア語バージョン


ヤングケアラー 若い介護者のことに気づいてください
中学⽣と⾼校⽣の20 ⼈にひとりは、毎⽇だれかの世話を担っています
彼らの家族は、病いや障がい、こころの健康問題などを抱えているのです
ヤングケアラーの向き合う困難とプレッシャー、なにより、彼らのもたらす信じられないほど⼤きな貢献
について、認めてほしいと願っています
イギリスで始まったYCAD(ヤングケアラー アクションデー)を記念し、
若い介護者を⽀え、彼らの⽣活を守り、孤⽴を防ぐために寄り添えることを、ともに考えましょう

⽇時 2022 年3 ⽉16 ⽇(⽔曜)
場所
  • 会場集合20⼈
    地域活動⽀援センターはるえの(江⼾川区春江町2-41-8)
  • オンライン200 ⼈
    ZOOM ウェビナー
対象 どなたでも
参加費 無料

第⼀部 17:30 から

「キッカケは、⾃分でつくっちゃいな」柳 浩太郎(俳優)
「みえない優しい傘」こども劇団333(歌と朗読)

第⼆部 18:00 から20:00

「共同体のなかで」―わたしたちの考えと⾏動―
江⼾川区(児童相談所)
村上医院(精神科クリニック)
ケアラーパートナー⽊の根っこ(⽀援団体)

「孤⽴に取り組む」―ヨーロッパからの報告― ※通訳付き
欧州連合プロジェクトMe-We(スウェーデン)
イギリス・ロンドン Carers TRUST
イタリア・ボローニャ 精神保健局

「希望を届けよう」―⽇本国内における実践―
ぷるすあるは(コンテンツ制作とサイト運営)
親&⼦どものサポートを考える会(三重県)
こどもそてりあ(障害福祉サービス)

お申し込み


お申込みはこちらから

主催: 特定⾮営利活動法⼈ 東京ソテリア
Tel: 03(5879)4970
Mail: kodomo@soteria.jp




「⾚い⽻根福祉基⾦」助成事業

意見交換会 on zoom 新しい社会的企業(ソーシャルファーム)の実現に向けて 日本で働く外国人のメンタルヘルスについて考える① 社会の問題としての依存症について


意見交換会 on zoom
新しい社会的企業(ソーシャルファーム)の実現に向けて
日本で働く外国人のメンタルヘルスについて考える①
社会の問題としての依存症について

日時

2022年2月8日(火)18:30 – 20:30
質疑・質問を希望する方はさんさんハウス(新宿区四谷1-10-5)に参集ください(要予約)

報告

ソテリアファーム 雇用の現場より

意見

松本俊彦 「社会の問題としての依存症」
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長。薬物依存症や自傷行為に苦しむ患者と向き合う。著書に「自傷・自殺する子どもたち」(合同出版)、「自分を傷つけずにはいられない 自傷から回復するためのヒント」(講談社)など。

発言

体験を通して~外国人労働の孤立と依存

メッセージ

華原朋美 「私たちの映画をつくりたい」

お問合せ

特定非営利活動法人東京ソテリア
03 ( 5879 ) 4970
firm@soteria.jp


お申込み

📝
終了しています

 

 

日本で働くためのスキルを身につけよう!在日外国人就労困難者向けビジネス研修

「令和3年度 東京都在住外国人支援事業助成」対象事業
Supported by The Tokyo Metropolitan Government in fiscal year 2021


対象者 東京都内に居住
又は
通勤若しくは通学する外国人で
就労に困難がある方
費用 無料
開始日 11月12日(金)スタート
参加方法 オンライン開催ですので申し込みを受け付けましたらzoom情報をお送りします 
※数回集会形式の講義を設定するかもしれません。感染症の状況で決定します。
申込み 申し込みフォームからお願いします
問い合せ 03-5879-4970
特定非営利活動法人 東京ソテリア
事務局(塚本)
主催者 特定非営利活動法人東京ソテリア

参加申込


参加申込はこちらから


詳細は下のPDFをご参照ください。

1