日伊共同就労支援プロジェクト 第2年度スタート

東京ソテリア、ボローニャAUSL(地域保健連合公社)精神保健局、社会的協同組合エータベータの連携による日伊共同就労支援プロジェクトの第2年度が5月よりスタートしました。

このプロジェクトは、主に就労継続支援A型 東京ソテリアエンプロイメントのメンバーと東京ソテリアスタッフ(支援員)がイタリア、ボローニャで生活しながら、障がい者や社会的弱者の就労の場である社会的協同組合にて、現地の精神保健局の利用者と共に職業訓練と就労を実施するという二つの国の壁を超えた画期的なプロジェクトです。

イタリアは、“精神病院のない国”として知られていますが、それでは、どのように地域精神保健サービスが機能しているのでしょうか? 「当事者」や「精神障害者」を個のアイデンティティとして優先せず、社会の中の「労働者」として主体を確立していく、イタリアの精神保健の歴史と現在を知る一つの鍵となるのが、社会的協同組合での働き方です。

 エータベータ社会的協同組合

ボローニャは、ヨーロッパ最古の大学が現存し、赤い煉瓦の建造物の中から聳え立つ塔を特徴とした中世の時代からの学術・商業都市です。

エータベータ社会的協同組合の前身は、1999年に現在の代表とその家族、彼らの周りのアーティスト達によって立ち上げられたアソシエーションでした。その後、障がい者やその他の社会的弱者の雇用措置を規定する法律381号に基づき、2006年、社会的協同組合として創立されました。現在は、調理、農業、木工・ガラス製品、クリーニングサービス、出版、社会・文化的イベントオーガナイズ等、多岐に渡る事業を展開しています。各事業において、専門技術指導員、もしくは、ボローニャ精神保健局-依存症局の就労支援サービスによる職業訓練期間を経て、雇用された経験豊富な組合員達が技術指導の役目を担っています。

私達の就労プロジェクトの現場であるエータベータ社会的協同組合のスパツィオ・バッティラーメと呼ばれる広大な敷地内の空間構成と機能は、中世ヨーロッパの修道院特有の自給自足と瞑想の世界からインスタレーションを得ているそうです。しかし、決して社会から孤立した場所ではなく、毎日、ここにいると人と物(生産物)、そして文化が絶え間なく流通していることを肌で感じます。      行政、大学、企業とも連携し、一般市場の中で生産価値を生み出し、同時に社会的なメッセージを発信しています。       他者とは異なる個々それぞれが、プロフェショナルとして働くこと、それがエータベータ社会的協同組合のメッセージです。

共に働き、共に食事をすること 

日伊就労プロジェクトは、調理を中心に行われています。毎朝、両国のメンバーは、8:30過ぎにプロ仕様の厨房に入り、着替え等の準備を行いますが、9:00から始まる朝のミーティングの前には、皆でエスプレッソコーヒーを飲むのが日課です。

それから、実際の作業へと移っていきますが、調理の材料の中心となるのが、敷地内の農園で収穫された無農薬の野菜であり、出来上がった料理が盛り付けられるのは、工房で     作られたリサイクルガラスのお皿です。魅力的なのは、生と再生が事業として一つの空間で循環しているところです。

この一年、東京ソテリアからこのプロジェクトへ参加したメンバーは、タリアテッレ、ラザニア、ボローニャ風ミートソース、フォカッチャ・・・等の沢山のレシピを学び、日本へそれらの経験を持ち帰りましたが、調理技術の学びだけではなく、日伊のメンバー間では、大陸、そして、言語や文化の違いを超えて共に働くこと、そこで生まれる共有を大切にしています。食は、一つの儀礼であり、美、そして、文化の根底であるという観点から、昼食の時は、一つのテーブルを皆で囲み、一緒に食事をします。

  

多目的機能をもつスパテツィオ・バッティラーメは、頻繁に行政や民間主催のカンファレンスやイベントが開催されます。自分達が社会に受け入れてもらうのではなく、自分達が市民、つまり社会を迎え入れ、歓待する。このような連帯と食を美として捉える考え方を根源とした時に”働き方“がどのように変わっていくのでしょうか?

この日伊就労プロジェクトには、多様な側面から見る課題と成果があります。今年度の展開を通して、個々のそれぞれの立場の経験と考察、そして、社会の中での共有のの契機となる事を期待します。

今日は雪景色!

昨晩は雪が降り積もり、ETABETAは銀世界。
あまりに寒すぎて、通勤中みんなで凍えそうでした!

3月からは春の陽気だという噂ですがどうなることやら…。

bty

さて、みんな勤務時間になっても集まらず…(毎回のこと)

30分過ぎても集まらず…(天気悪いと毎回のこと)

そうです。ここはイタリア。急な予定変更があっても時間通りに進まなくても待ち人が来なくても、Non c’e problem(問題ないさ)!

楽観的に生きる。和気あいあいと働ける。なんと呼吸のしやすいことでしょう。

***********************

本日は日伊メンバー全員で7種類の小麦を使ったパンを試作することに。

そこで、ピザ職人(酵母料理の専門家)のRさんが登場!

お話を伺うと、Rさんは15年以上前からETABETAで働いているとのこと。そしてなんと、調理業務だけでなく工房でガラス皿制作にも携わっているそうです。

「“丸いものを焼く”という意味で、2つ(ピザ・ガラス皿)は同じようなものだよ!」と語るRさん。

dav
bty(美しい丸皿たち。)

ETABETAで、時折語られるのは、「ひとりひとりが、唯一の専門性にとらわれずに柔軟に働けるようになること」、そして「専門性以外の分野をも愛し、あらゆる手段や方法を学び、より良く生きる人間で在ること」。

Rさんはそれを体現している人なのかもしれません。そして彼だけではなく、ETABETAにかかわる多くの人(障害の有無、性別、年齢、国籍関係なく)が、それぞれの自分のサイズに合った「生き方」を模索しています。長い月日を経てピアサポーターとして活躍する人もいれば、「ここに来て初めて、(依存症や障害を持った)当事者と共生できる自分を知った」と語る人もいます。この場所が、固有の専門性やアイデンティティから少し距離を置いて「新たな自分の能力や可能性を発掘できる環境」でもある事を感じます。

**************************

実は、あんなに奮闘したのに、時間不足で本日はパン生地を焼けませんでした…。ということで、お野菜のスープをいただきます

「明日こそは、絶対に食べられるよね!?」 そう願いながら、私たちは帰路に着くのでした。

精神保健スタディツアーのご案内 「イタリア ボローニャで考える バザーリア法40周年 -イタリア精神保健の現在と日本のこれから-」

おかげさまで多くの方のお申し込みをいただきました。お申し込みを締め切らせていただきました。


イタリアで、精神科病院の廃止を定めてから40年、医療や福祉の支援者はどのように革新を支え、当事者と家族、地域社会はそれをどう受け止めてきたのかボローニャの歴史と現場の声に、日本からの論客を交え、ともに話し合いましょう。
また、ボローニャ精神保健局の全面バックアップによる医療・福祉施設の視察、イタリアのピアサポーターや家族との、本音の語り合い、昨年より社会的協同組合で始められた「日伊精神障害者共同就労支援プロジェクト」での就労体験、支援者、当事者、家族、行政など、それぞれの立場から、これからの精神保健・医療福祉のあり方について考えましょう。

日程

2018年5月
12(土) 東京発ー同日ボローニャ着
13(日) 午後 オリエンテーション
14(月) バザーリア法40周年記念 日伊合同精神保健フォーラム
15(火) バザーリア法40周年記念 日伊合同精神保健フォーラム
16(水) 終日 精神保健視察 ①医療・デイケア
17(木) 終日 精神保健視察 ②居住・就労・ピアサポートなど
18(金) 日伊共同就労支援プロジェクト体験 または近隣都市観光
19(土) ボローニャ発ー翌20日東京着

費用

288,000円 (フライト+宿泊 朝食代込み)
※現地での通訳費も含みます

定員

20人程度
精神保健・医療福祉の従事者、当事者・家族、障害者雇用の関係者、行政、その他一般

日伊合同精神保健フォーラム

「革新し続けよう、過去を見失ってしまわないように CHI NON INNOVA RISCHIA DI PERDERE IL PROPRIO PASSATO」
基調講演 「イタリア精神保健の40年と将来の展望(仮)」ボローニャ精神保健局
テーマA こころの健康問題をめぐる日伊のサポートモデルの比較
テーマB 地域精神保健における治療、リハビリテーションの現在
日本とイタリアの医療機関・福祉施設、社会的協同組合、当事者・家族などによる発表

日本からの論客(予定)

  • 安保寛明(看護師 山形県立保健医療大学)
    「精神保健福祉医療の近況と変化の兆候」
  • 大熊一夫(ジャーナリスト 第一回バザーリア賞受賞)
    「精神病院を捨てたイタリア、捨てない日本」
  • 近藤克明(介護福祉士 就労支援キラリア)
    「日本の就労支援と社会的協同組合モデルの援用の可能性」
  • 増川ねてる (ピアサポーター 東京ソテリア)
    「当事者の当事者による当事者のためのバザーリア法」
  • 蓑島豪智(医師 いわくら病院)
    「精神医療から精神保健への転換を目指して ー退院促進に向けたリカバリー志向の取り組み」
  • 村上健(医師 村上医院)
    「精神科病棟を廃止して ー病棟経営、社会資源との連携、患者満足など」

問い合わせ・申し込み

申し込みは、定員に達したため終了いたしました。

日伊精神障害者共同就労支援プロジェクト(NPO東京ソテリア:松本・塚本)
Tel  03(5879)4970
E-mail info@soteria.jp

「日伊精神障害者共同就労支援プロジェクト」とは

障がいのある人にもない人にも、「働き方改革」が求められています。すべての人が仕事への意識と働く意欲を高め、組織全体の生産性の向上を図るために、過労とこころの健康問題の再認識など、これまでの雇用のあり方を見直すことが必要になっています。私たちは、日本の就労継続支援A型事業とイタリアの社会的協同組合との「食」「農」「福祉」における事業提携を踏まえ、精神障がいのある人とともに、仕事と生活、社会との調和のとれた働き方を実現していきます。

「目で食べる」こと

こちらに来て、ひしひしと感じること。

それは… “郷土愛”。

 

共に働くなかで、話が弾むのは、

「ボローニャの特産物は?」

「ボローニャでおすすめのジェラート屋さんは?」

「ボローニャの家庭では、どんな料理を作るの?」

といった、その土地ならではの食の話題。

 

「国」という単位ではなく「地域」単位というのが特徴的なのですが、自分の生きる地域を愛し、その地域で生きる人々(ボローニャは、様々な文化的背景を持った人が多く集まる土地でもあります)を愛し、その地域ならではの食(文化)を愛すること。そして同時に、相手の生きる地域にも関心を持つ姿勢が、真っ直ぐ伝わってきます。

私たちは、彼らのように自分の生きる地域や文化について学べているだろうか?いきいきと目を光らせて語ることができるだろうか?そして、他者が生きる地域に対し敬意を払えているだろうか?  ―そんな問いが投げかけられている気がします。

 

今日はイタリアの仲間たちに、こんなことを言われました。

『あなたたちは、料理を口で食べるの?

イタリアでは目で食べるんだよ!!』

dav
bty
bty
bty
dav

 

昼食前には『apparecchiamo』という言葉が飛び交い、丁寧に食卓が彩られます。

「食」を通した発見の多い毎日。それでは、buon appetito(いただきます)!