江戸川区で高次脳機能障害と生きる

平成28年度江戸川区高次脳機能障害普及啓発講演会「江戸川区で高次脳機能障害と生きる」が下記の通り開催されます。入場無料、申込不要です。奮ってご参加くださいませ。

概要

日時 12月4日(日)11:00~15:00(会場受付10:30~)
場所 タワーホール船堀 2F 瑞雲・平安
〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-4-1
内容 11:00~12:30
講演会「江戸川区で高次脳機能障害と生きる」
江戸川区当事者 × 松本直之(支援者) × 長谷川幹(医師)
13:30~15:00
展示ブース紹介「当事者・家族会、福祉機器の紹介」
全10団体・企業による展示・体験会
Pepper を活用した言語リハビリの実演も予定されています。

講師

1長谷川 幹(三軒茶屋リハビリテーションクリニック院長)
高次脳機能障害の専門医。在宅の障害者と高齢者が、その人らしい生活を自ら実践することができるよう支援中。「リハビリ医の妻が脳卒中になった時」「あせらず あきらめず 地域リハビリテーション」など著書多数。


2松本 直之(地域活動支援センターはるえ野)
地域活動支援センターはるえ野に勤務。同センターが江戸川区より受託した”高次脳機能障害者支援事業”の事業担当。作業療法士。

出展団体・企業一覧

  • 江戸川つつじの会
  • ハイリハキッズ
  • ハイリハジュニア
  • 特定非営利活動法人 東京高次脳機能障害協議会(TKK)
  • 特定非営利活動法人 日本脳卒中者友の会
  • 特定非営利活動法人 日本失語症協議会
  • 国立リハビリテーションセンター(自立支援局)
  • 株式会社ロボキュア
  • 株式会社モリトー
  • 有限会社パムック

 問合せ

地域活動支援センターはるえ野
TEL: 03-5664-6070 E-mail: info@soteria.jp
主催: 江戸川区、地域活動支援センターはるえ野


高次脳機能障害とは、交通事故や頭部の外傷、脳梗塞などによって、脳に損傷を受けたために生ずる障害。「以前と人が変わったみたい」「なにもする気が起きない」「すぐに忘れてしまう」などの問題を引き起こす。厚生労働省によると、患者は全国に約三十万人、年間に数千人の新規発症があると推定されている。しかし、外見上では障害とわかりにくく、医療や保健福祉の領域でも十分に理解されているとはいえない。リハビリテーションには、医学的プログラム、生活訓練、職能訓練などが必要とされ、地域社会においても、正しい知識の普及が求められる。


チラシ

チラシ(PDF)のダウンロード

0

高次脳 家族相談会のお知らせ

平成28年度第2回目の高次脳家族相談会のお知らせです。

こちらから閲覧できます。↓↓

第2回 家族相談会案内 H28.7.16

日時:平成28年7月16日(土)13:00~15:00

場所:地域活動支援センターはるえ野 交流室

対象:高次脳機能障害をお持ちの方、そのご家族

テーマ:「江戸川区社会福祉協議会とは/成年後見人制度について」

講師:江戸川区社会福祉協議会 所長 吉田悦子氏